スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


アテスウェイのクッキー
友人に会った際に、
頂きました♪

アテスウェイのクッキー。




最初のひとつを
口に入れた瞬間、
不思議な感覚になりました。

私の意志とは関係なく、
今までに食したクッキーの
味や食感の記憶を瞬時に探り、
結果、初めての味わいに
感動するまでの数秒、
思考がストップして
しまったような感じでした。


特にアーモンドがのった方が
わたし好みです。

最初のひと噛みは
アーモンドの
歯ごたえがあるのですが

ふた噛みめあたりから
ザックザクの生地と
一体となり、
食べる度に
幸せな気分に
させてもらいました♪


感謝です。



余談ですが…
お皿は、昭和の
業務用ステンレスプレート。

クリスマスの時にも
活躍してくれたのですが
シンプルで使いやすいです。

昭和の純喫茶などでは
ナポリタンとか
サンドイッチとか
こんなお皿に
のっていましたよね。

販売用も購入していますが
もう少し数を揃えたいので
気長に更新を待っていて下さい。



ブログランキングに参加中です
↓クリックで応援お願いします
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村
アテスウェイのクッキー

アテスウェイのクッキー

3種のりんごとくるみたっぷりパウンドケーキ
休みの日に一人でいると
ゲームばかりしている
小学校一年生の甥っ子。

ゲーム嫌いの私としては
「こりゃ、いかん!!」と
そんな予定はなかったのに
りんごのパウンドケーキを
甥っ子と2人で作る事にしました。

作ったのは、
3種のりんごと
くるみたっぷりパウンドケーキ。

3種のりんごとは、
生、煮りんご、ラム酒付けりんごを
入れて食感の違いや味の違いを
楽しむのです。

くるみをすり鉢で軽くつぶす、
りんごを焦げないように煮る
という仕事を
甥っ子ひゅうがに。

煮りんごとラム酒付けした
りんごは生地に混ぜて
薄めにスライスした生りんごは
生地の上にのせて焼きました。

リンゴ好きの私としては
大満足の仕上がりでした。


ちなみに、
我が家では、母が
私が子供の頃から
リンゴとレーズンのラム酒付けを
しています。

ケーキはもちろん、
アイスクリームにかけると
これまた絶品なんです。

安いアイスクリームを使っても
コース料理の
最後のデザートのような味わいに。

いつも写真を撮ろうと思いながらも
アイスクリームが溶ける!!って
カメラそっちのけで
食べてました。

次に食べる時は、
うちの母の適当な
ラム酒漬けレシピも含めて
紹介します♪





ブログランキングに参加中です
(ポチッと応援おねがいします)
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
りんごのパウンドケーキ

福砂屋のカステラ
商品の発送が一段落した所で
お茶の時間に。

鹿児島から帰って来て
親戚からいただいた沢山のお土産。

何を食べようかな〜と思いながら
選んだのは、昨夜も食べた
福砂屋のカステラ。

以前もブログで
福砂屋のカステラに対する思いを
熱く語ったほど大好きです。

箱を開けて、
福砂屋の冊子をとりだし、
袋を丁寧に空け、中身をそっ〜と出す。

白い手袋はしてないものの
まるで、国宝を扱うような慎重さ。

眩いほどの黄金色に、
思わず「ハハ〜ッ」と
身をひれ伏す思いです。

昨夜は、甥っ子ヒュウガが
「あ!それ食べたことある。
この間、学童のおやつで出たもん」

「ずぇ〜っったい違うし!!
こ、この粗目とこの黄金色を見て!!
学童ででたのは、その辺のカステラ!」
とムキになって全否定。

卵黄たっぷりで
生地はしっとり、もっちり。

束の間の休息を
幸せたっぷりに過ごしました。

東京や名古屋の親戚からも
お土産をいただいたので
暫くはお菓子に困らないほど。

これまた大好きな
坂角総本舗のえびせんべい、
東京バナナに
KIHACHIのパイ、
明石屋のかるかん、
自分で購入した
唐芋レアケーキと博多通りもん。

昨日は、弟の友だちも
青山リングリングのドーナツに
チーズケーキをお土産に
持って来てくれました。

そして、そんなラッキーな時に
必ず現れる私の友人から
今日、晩ご飯食べに行くわ〜と
連絡が。

地鶏を堪能し、
お土産のお裾分けを持って
帰って行ったのです。


+++++

今日のお皿は
8年ほど前にネットで購入した
Sone のレトロプレートで
抽象画風の渋めのデザイン。

和洋選ばず使えるので
重宝しています。

最近、こういう渋めの
デザインの食器に
なかなか出会えないのですが、
本格的な冬が来る前に
仕入れ強化する予定です。

素敵な出会いがあるよう
祈っててくださいね。





ブログランキングに参加中です
(クリックで応援おねがいします)
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
福砂屋カステラ

スイートポテトアップルパイでお茶の時間
今週もお買い上げ、ご訪問
有り難うございます。

今週は何かと出掛ける用事があって
バタバタと過ごしてましたが
この3連休は、日曜日以外は
のんびりと過ごせそうです。


+++++

最近まめにお菓子作りをする母。
この日はスイートポテトアップルパイ。
と言っても、パイシートは冷凍。。。

更新作業が一段落した所で
焼きたてのパイでお茶の時間。

サツマイモとほんのり蜂蜜の甘み
りんごの甘酸っぱさが
美味しかったです。

家で作ると
添加物がないのはもちろん
甘みも抑えられるので、良いですよね。

この日のマグは
何年も前に骨董市で購入したもの。
元々は、販売用に考えてましたが
僅かにヒビがあったので、家用に。

そして、
イタリア製の陶器の
直火式エスプレッソメーカー
(マキネッタ)も
販売用にするか
自分で使おうかと迷いながら
購入しましたが、
母が気に入って、家用に決定。

マキネッタこそ、
かなり昔から欲しかったのですが
ドイツでも良いブランドのは
結構な値段するんですよね。

未使用品だったので
とってもラッキーでした。


+++++

来週の更新は、お休みですが
13日木曜日に
今ある商品を少しだけ
プライスダウンページに
移動する予定です。

14〜16日は留守にするので
メールや発送は出来なくなりますが
ぜひ、ご訪問ください。



ブログランキングに参加中です
(クリックで応援お願いします)

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
スイートポテトアップルパイ

陶器のエスプレッソメーカー 

アボカドと20世紀梨のサラダ
ドイツ支部長のお母さんが
鳥取の20世紀梨を
送ってきてくれました〜〜♪

普通に食べるのも美味しいけど
何か調理できないかな?と
考えたのが、このサラダ。

トマト、梨、アボカドを
ダイス状にカットしてボウルに
入れます。

小エビをさっと茹でて
水気を取り、冷めたら
それもボウルに。

あとは、
バジルを細かくちぎって
オリーブオイルたっぷり、
塩コショウ、
バルサミコ少量(風味付け程度)
レモン1/6カット位を絞って
(なければビネガーか酢でもOK)
で味付けして混ぜる。

1日目は
アボカド、梨、トマトだけの
シンプルなサラダでしたが
もっと美味しくできるはず!と
次の日は
小エビと、家にあった
カッテージチーズも
入れてみました。

アボカドのこってり濃厚な味わい
梨のさっぱりとした甘み、
トマトの酸味が
めちゃくちゃ合うんです!!

食べる直前まで
冷蔵庫で冷やしておくと
さらに良し!ですよ。

ぜひ、試してみて下さい♪


因みに、
今回使ったオリーブオイルは
ドイツのマーケットで購入した
イタリア産の癖が少なめのもの。

バルサミコ酢は日本で購入できる
「A.グロソリ アチェート バルサミコ
ディ モデナ」です。

500mlで1,000円前後でしょうか。
金額と味が見合って
ここ数年使ってるものです。




ブログランキングに参加中です
(クリックで応援お願いします)
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
アボカドと20世紀梨のサラダ
オリーブオイル、バルサミコ
オリーブオイルとバルサミコ

ぜったい失敗しないポーチドエッグ
去年の買い付けの際、
チェコで購入したエッグタイマー
今頃になって使ってみました。

シンプルに茹でるだけの
ポーチドエッグですが
時間を見逃すと
あっという間に
固まってしまいますよね。

今までも
偶然できたり、できなかったり。。。

そして、去年チェコの
キッチン道具のお店で見つけたのが
このエッグタイマー。

SOFT,MEDIUM,HARDが一目見て
わかるので、簡単に自分好みの
微妙なゆで加減を調節できます。

今回はソフトにしてみました。
もう、とろっとろで
黄身が濃厚で美味しかった♪

エッグスタンドは
ドイツで購入したもので、
2枚自分用にしてしまいましたが
3〜4枚残っています。
そちらは、また更新しますので
もうしばらくお待ちを!


因みに、アマゾンでも同じ品が
販売されていますよ。




ブログランキングに参加中です
(クリックで応援おねがいします)
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
エッグパーフェクト エッグタイマー
エッグタイマー

エッグタイマー
とろとろポーチドエッグ
ポーチドエッグ、エッグスタンド

友人大絶賛のチップス
近所のドラッグストアで
販売されていた、ごぼうチップス。

ほぼ400円で
チップスとしては
なかなかのお値段です。

有機栽培などBIO系でもなく
この量でこの金額を
取るってことは、
味に相当な自信あるよね?という
理由だけで購入したのが
買い付けに行く前。

そして、
自分が食べる訳でもなく、
ドイツ支部長の家に
置いてきたきた事すらも
忘れてました。

すると
つい先日、支部長から
何?あのチップス?旨すぎ!!
今まで食べたチップスの中で
一番美味しかったと大絶賛。

そこまで言われちゃうと
私も味わってみたい!!と
いざドラッグストアへ!

スライスしたごぼうを
低圧で揚げてあるようです。

口に入れた瞬間は
香ばしい醤油味、
そして、噛む度に
ごぼうの味が広がります。

ネットで調べると
大人買い続出で完売している
ショップも多いようですね〜。

支部長も
今度ドイツに来る友人に
頼もうとしているほどの
はまりっぷり。

少し醤油を焦がしたような…
まさに、きんぴらごぼう風の味わいで
嫌いな人はいないはず。

オススメです♪




ブログランキングに参加中。
(ぽちっと応援お願いします)
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
よこやまのごぼうチップス

肉汁とびだすハンバーグ
前から一度行ってみたかった
京都市南区にある
手づくりハンバーグ屋さん
「とくら」へ。

通りがかると、
たいてい昼も夜も混んでて…
その日も
何人か待ってらっしゃいましたが
思ったよりも
順番はすぐに回ってきました。

私は、ネギ味噌ソース。
友人R嬢は、
クリームゆず胡椒ソース、
母は和風おろしを注文。

お箸を入れた瞬間、
肉汁がプシュッっと飛び出し
大興奮。

ハンバーグは180gと300gがあり、
180gなら味噌汁とご飯、
香の物のセットを付けても
1,000円ちょっとという
財布にもやさしい金額。
(と言っても支払ったのは母ですが)

この日は
歯痛でハンバーグを
100%楽しんで味わえる
状態ではありませんでしたが
なんとか、ほぼ完食♪








ブログランキングに参加中です
(クリックで応援お願いします)
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
とくらのハンバーグ

肉汁たっぷりハンバーグ

ホタテとパブリカのマリネ
最近は、
母が作ってくれるのに甘えて
台所にほとんど立たなくなった私。

気分転換に夕ご飯を作りました。
半年以上振りぐらいに
包丁と鍋を握った気がします。

本当に作りたかったのは、
島根で購入した
ウニの瓶詰めがあったので、
ウニのクリームパスタ。

でも、甥っ子の
箸が進まないであろうと見越して
ミートソースに変更。

そして、
パプリカとホタテのマリネ、
具だくさんのコンソメスープ。

段取りや手際は
そんなに変わらないので、
とりあえず安心しました。

ただ、料理はちゃっちゃと
済ませたいので、
甥っ子が話しかけてきても
そっけないし、
甥っ子の友達が何人か遊びに来てて
おやつを出すのも機械的に
愛のない接し方になってた事を
今更ながら、少し反省。


そして、私の場合、
ケーキやパン以外の料理は
レシピを見て作らないので、
実際に作ってみて(失敗してみて)
次はこうしようと思う事も多く。。。

そうすると、
やはりこまめに作ってないと
進歩しないんだな〜と実感。

「今日の失敗」
失敗という程でもありませんが
貝は採れたてという訳でもないので、
生ホタテをマリネする場合は
塩を振ってペーパータオルなどで
軽く抑えた方が
もっと美味しくなるはず。

たぶん。。。

******

パプリカのマリネは
ドイツで教えてもらったのですが
簡単でめちゃくちゃ美味しいんです。

美味しすぎてレシピを聞いたほど。

パプリカを半分に切って
皮がふにゃってなるまで
オーブンで焼いて、
熱いうちに皮を剥がします。

そして、手で適度な太さに裂き
オリーブオイル、塩、
ビネガーなどであえます。

確か教わったレシピは
塩とオリーブオイルだけだったような。
パプリカ本来の素朴な甘みが
存分に味わえます。

これからの時期は
あっさりと
酸味が欲しいかと思うので、
ビネガーやレモン汁を
入れてどうぞ。

ただし、皮を剥がすのが
メチャクチャ熱いので
やけどにご注意くださいね。

******

料理の写真を撮る度に
「あ〜、マイ食器を段ボール箱から
出さなきゃ」といつも思います。

次回こそ!!




ブログランキングに参加中!
(クリックで応援おねがいします)
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
ホタテ貝とパプリカのマリネ

ミートスーススバゲティ

妙法寺で阿じろの精進料理
先週木曜日は、妙法寺で
父が勤めていた会社が
物故者合同法要をして下さいました。

その後、阿じろの精進料理を
ご馳走になってきました。

不思議な事に
味覚ってのは
本当に大人になるとかわりますよね。

初めて精進料理を
修学旅行で食べた時は
薄味でおいしいなんて
感じなかったような気がするのに
今になると、素材本来の味が
楽しめるようになってたり。。。

じんわりと美味しさが
身体の中で広がるあの感じ。
ひじきもそんな感じがあり
子供の頃から嫌いではなかったけど
妙に美味しく感じてしまうひとつです。

ごまの味が濃厚なごま豆腐、
芋茎のおひたし、茄子の揚げ出し、
生麩の田楽、白みその筍まんじゅう
などなど…

好きなものばかりで
す〜っと口の中に広がる美味しさを
堪能してきました。

ただ、量が多い!!
去年は残してしまったのですが
法要後の法話の中で
食べ物などの殺生の話も出てきて
こ、これは残す訳にはいかん!!と
何とか頑張って食べてきました。

男性の方でもお腹いっぱいと
おっしゃってた位なので
最後の一口まで食物や素材に
感謝しながら食べきれる分=
腹八分の量で良いのだけどな〜。

でも、帰りに母と二人で
このような機会を下さって
お父さん良い会社に勤めたよね〜と
父の思い出話をしながら帰宅しました。


精進料理・ごま豆腐

精進料理・筍のお吸い物精進料理・茄子の揚げ出し

精進料理・生麩田楽

精進料理・天ぷら精進料理・白みそ汁と筍まんじゅう

精進料理・豆ご飯精進料理・デザート




Profile
New Entries
Category
Link