スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ヴィンテージファブリックで作ったブックカバー
最近、報告してませんでしたが
ステジラ(ステーショナリー
倶楽部) は地道に活動してます。

ひと月に2回位ですけど。

今、私の友達が
地震の影響で
我が家に居候しているのですが
その子は何も知らないのに、
ステジラ部員の友人が
普通に前置きもなく
「ステジラで…」と言ってて
おいおい、
その言葉はここにいる人にしか
通じないのだよと
心の中で突っ込んでました。


自分好みの
日用小物ができるというのも
嬉しいのですが、
何よりも、
作業に黙々と集中できるので、
無心になれるのが、心地よいんです。

もちろん、女子ばかりなので
お菓子を食べたり
下らない話も多いので
無心な時間は、
ほんのちょっとですけどね。

今回ご紹介するのは、
ブックカバー。

柄的には満足ですが
裁断時に生地のズレがあったようで
サイズが微妙に違うという
事態に陥りました。

布目に沿って裁断するという
初歩的であり重要な事を
怠ってはいかん!と思い知りました。

中に入れた本は、
若かりし頃に読んだ本ですが
澁澤龍彦氏が
翻訳したペローの童話集。
同氏の本は何冊か読みましたが、
その中でもかなり読みやすいです。

そして、
その世界をより広げててくれるのが
片山健氏の挿絵。

子供の頃に読んだ童話と違い
残虐な部分も
そのまま描かれているのは勿論
物語のあとに
教訓まで書かれていて
一気に楽しく読めた本です。

興味のある方は、
読んでみてください。

******

今週は、チェコやドイツで
買付けたファブリック類を
アップしてます。

ぜひ、リメイクや
ハンドメイド雑貨にどうぞ♪





ブログランキングに参加中
(ポチッと応援お願いします)
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
ハンドメイドのブックカバー

澁澤龍彦訳 長靴をはいた猫

長靴をはいた猫 挿絵、片山健

スポンサーサイト




Profile
New Entries
Category
Link